商品情報にスキップ
1 18

Anna's Purple Emerald

2001s・9ct・ゴールド・ルビー&ダイヤモンド・クラスター・リング

2001s・9ct・ゴールド・ルビー&ダイヤモンド・クラスター・リング

通常価格 ¥38,610 JPY
通常価格 セール価格 ¥38,610 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

2001年に生産されたモダニズム・テイストな9ct・イエロー・ゴールド・ルビー&ダイヤモンド・リングです。

フロントは本物のルビー6石と、センターに埋め込まれたダイヤモンド(100%テスト済み)で飾られ、バイパス状にリンクしたイエロー・ゴールドによって、モダンな雰囲気に仕上げています。ジェムはリングから約4mmほど持ち上げられ、サイドから光を取り込み可憐に輝きます。

比較的近年の生産であるため、リングは摩耗が少なく美しいコンディションです。

ルビーの可憐なピンクの色合いはネイルとのカラーリングを楽しめ、肌馴染みもとても良く、小さなサイズ感からも大活躍しそうなリングです。

 

  • マテリアル:9ct イエローゴールド(スタンダード・マーク;375)、ルビー
  • サイズ:13号 UK:N  USA: 6.75  リング直径:17.2mm
  • 重量: 1.74g
  • メーカーズ・マーク:EJ LD( Exquiste Jewellery Ltd. または Excalibur Jewellery Ltd. (?))
  • アッセイ・オフィス・マーク;バーミンガム・アンカー
  • 生産年:2001年
  • 生産国:UK

 

【Ruby】

誕生石:Birth Stone:7月 July

鉱物学的にはサファイアと同じコランダム(鋼玉)で、そのうち、赤い色をしている石だけをルビーと呼んでます。ひとくちに赤といっても、色味にはかなり幅があります。ルビーの元素であるクロムは、オレンジ色の赤から紫がかった赤までの範囲でルビーの色相を引き出します。このクロムの量がルビーの赤の強さを決めます。クロムが多いほど、赤い色が強くなります。主要産地は、ミャンマー、ヒマラヤ、ベトナム北部で、通常大理石で形成されます。

パワーストーン: Powerstone

健康と幸運を招き、邪を遠ざける石として、ルビーは世界各地で重用され続け、今も重用されています。しばしば、「ダイヤモンドは宝石の王様、ルビーは宝石の女王」といわれ、インドではダイヤ以上に重要視されて宝石の王者とされました。持ち主に危険が迫ると、退色してそれを伝えるとされ、実際にルビーによって災難を知らされたというエピソードは数多く残っています。戦いを勝利に導くということでは、商談や論争の守り石ともなっています。

 

【Diamond】

誕生石:Birth Stone:4月 April

4月の誕生石であるダイヤモンドに対する人類の愛情は、インドの小川から収拾されたものが始まりでした。ダイヤモンドは紀元前4世紀には早くも取引され、王族や裕福な人々に切望されていました。その後、ヴェネツィアの中世の市場に持ち込まれ、1400年代までに、ダイヤモンドはヨーロッパのエリートにとってファッショナブルなアクセサリーになりつつありました。1700年代初頭、インドのダイヤモンド供給が減少し始めたため、ブラジルが重要な供給源として浮上しましたが、1860年代後半に南アフリカのキンバリー近郊でダイヤモンドが発見されたことで、現代のダイヤモンド市場が始まりました。起業家のセシル・ローズは1888年にデビアス・コンソリデーテッド・マインズ・リミテッドを設立し、1900年までには世界の原石生産の推定90%を支配しました。

 

パワーストーン: Powerstone

ダイヤモンドはまさに宝石の王者です。地球の深奥でマグマの高圧に耐えてできあがったこの結晶は、パワーストーンの中でもっとも硬い物質です。ダイヤモンドはその輝きゆえに、揺るぎない美、何事にもくじけぬ不屈の精神、勝利と正義を象徴します。エンゲージ・リングとして、ダイヤモンドは欠かせない存在です。15世紀にオーストリアのマクシミリアン一世がフランス・ブルゴーニュの婚約者にダイヤを贈って以来、「愛を約束する石」として不動の地位を保っています。

詳細を表示する