商品情報にスキップ
1 12

Anna's Purple Emerald

ヴィンテージ・1960s・アネッロ・セルパンテ・オロ&アルジェント・コン・ディアマンティ&ザッフィーリ・ ナトゥラーリ・ファット・ア・マーノ(ソーティング付)

ヴィンテージ・1960s・アネッロ・セルパンテ・オロ&アルジェント・コン・ディアマンティ&ザッフィーリ・ ナトゥラーリ・ファット・ア・マーノ(ソーティング付)

通常価格 $511.16 USD
通常価格 セール価格 $511.16 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1960年代に生産されたハンドメイド・イタリアン・スネーク・リングです。

オープン・シルバー・ワークによるメッシュ状のスネーク・ヘッドに明るいサファイヤ(12石)とダイヤモンド(10石)がセットされています。リング部分は、ギルト・14ctイエロー・ゴールドによるデコラティブな凹凸のある彫刻が施された造りです。

スネーク・ヘッドはややドーム型でショルダー部分から3mmほど持ち上げられ、Air -Line(窓)から光を取り込み、ストーンがキラキラと煌めきます。高さは最小限に抑えられ、指の動きに際しては気にならないレベルです。

ヴィンテージなりの使用に見合った摩耗の兆候が見られます。(リング部分の若干の小傷)また、デザイン上、一部のリングの装飾を意図的に切断した部分が見られます。ただ、ご着用に際し目立つほどの調整ではありません。ハンドメイドであるため、チェリーニ(イタリアのゴールド・スミス)の性格が表われる部分でもあります。全体的には、良好なヴィンテージ・コンディションと言えます。

デコラティブなイタリアン・スネーク・リングはラグジュアリーな手元を演出してくれます。特別な日の装いにクラッシーかつエレガントな気持ちを高揚させてくれる美しいリングです。

こちらは、鑑定機関のソーティング・メモをお付けしてご提供いたします。

 

  • マテリアル:14ctゴールド(ORO刻印あり)、シルバー、サファイヤ(12石)、ダイヤモンド(10石)
  • サイズ:リングのサイズ:11号 USA:6  UK:L  フロント幅:1.5cm
  • 重量: 4g
  • 年代:1960年代
  • 生産国:Italy

 

【Sapphire】

誕生石:Birth Stone:9月、September

サファイアは、伝統的に誠実さ、真実、そして高潔さを象徴してきました。サファイアは、1881年頃、ヒマラヤ山脈のカシミールで発見されました。そして、多くの王族と聖職者のローブを飾りました。近年、最も有名なサファイアは、ダイアナ妃が最初に着用し、次に息子がケイトミドルトン(現在はケンブリッジ公爵夫人)に贈ったサファイア婚約指輪のダイヤモンドで囲まれた12カラットの青い宝石です。

パワーストーン:Powerstone

サファイアには癒しの力があると言われています。中世のヨーロッパ人は、サファイアがペストの癤や目の病気を治したと信じていました。サファイアの誕生石も毒の解毒剤であると考えられていました。

また、強い鎮静効果をもつとされ、魂や感情の混乱をしずめて不必要な妄想を取り除き、真実を見抜く直感と洞察力をもたらすとされます。その結果、知性や理性をも高めてくれるとされます。すぐに感情的になり、混乱におちいってしまう人におすすめのパワーストーンです。

【Diamond】

誕生石:Birth Stone:4月 April

4月の誕生石であるダイヤモンドに対する人類の愛情は、インドの小川から収拾されたものが始まりでした。ダイヤモンドは紀元前4世紀には早くも取引され、王族や裕福な人々に切望されていました。その後、ヴェネツィアの中世の市場に持ち込まれ、1400年代までに、ダイヤモンドはヨーロッパのエリートにとってファッショナブルなアクセサリーになりつつありました。1700年代初頭、インドのダイヤモンド供給が減少し始めたため、ブラジルが重要な供給源として浮上しましたが、1860年代後半に南アフリカのキンバリー近郊でダイヤモンドが発見されたことで、現代のダイヤモンド市場が始まりました。起業家のセシル・ローズは1888年にデビアス・コンソリデーテッド・マインズ・リミテッドを設立し、1900年までには世界の原石生産の推定90%を支配しました。

パワーストーン: Powerstone

ダイヤモンドはまさに宝石の王者です。地球の深奥でマグマの高圧に耐えてできあがったこの結晶は、パワーストーンの中でもっとも硬い物質です。ダイヤモンドはその輝きゆえに、揺るぎない美、何事にもくじけぬ不屈の精神、勝利と正義を象徴します。エンゲージ・リングとして、ダイヤモンドは欠かせない存在です。15世紀にオーストリアのマクシミリアン一世がフランス・ブルゴーニュの婚約者にダイヤを贈って以来、「愛を約束する石」として不動の地位を保っています。

詳細を表示する