Inclusions in Emeralds

Inclusions in Emeralds

顕微鏡でエメラルドを見ると、内部には様々な特徴的含有物が含まれていることがわかります。

 

天然エメラルドの含有物を研究することは、その産地の地質学的形成のインサイトを示唆します。主成分である”ベリリウム”は大陸地殻上部の希土類元素です。エメラルドは、”Be(ベリリウム)”が”Cr(クロム)”と合体するという異常な環境下で形成されます。主な産地には、ブラジル、コロンビア、マダガスカル、ロシア、ザンビア、ジンバブエがあります。これらの環境において、母岩、およびエメラルドと同時に形成された岩石に存在する鉱物は、含有物となる可能性があります。また、生成過程においてエメラルドの色調を調整する技術は、古代ギリシヤ時代から継続されています。

 

対照的に、合成および人工処理されたエメラルドは、人工的な育成または処理プロセスの証拠である含有物を示すことがよくあります。

エメラルドの主な人工処理は透明度の向上です。石の屈折率を調整するために科学的な調整を行います。この処理の証跡は、多くの場合、平坦化された気泡と顕微鏡で石を検査したときに見られるフラッシュ効果です。結果的に人工エメラルドは、天然エメラルドに比べ、透明度の高いものになります。

 

GIA Gemological Institut of Americaより抜粋)

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*

If you look at the emerald under a microscope, you can see that it contains various characteristic inclusions.

Studying the inclusions of natural emeralds suggests insights into the geological formation of their place of origin. The main component, "beryllium," is a rare earth element in the upper part of the continental crust. Emeralds are formed in an unusual environment where "Be" is combined with "Cr". The main production areas are Brazil, Colombia, Madagascar, Russia, Zambia and Zimbabwe. In these environments, minerals present in host rocks and rocks formed at the same time as emeralds can be inclusions. In addition, the technique of adjusting the color tone of emeralds during the generation process has continued since the ancient Greek era.

 

In contrast, synthetic and artificially treated emeralds often show inclusions that are evidence of an artificial growing or processing process.

The main artificial treatment of emeralds is to improve transparency. Make scientific adjustments to adjust the index of refraction of the stone. The trail of this treatment is often the flushing effect seen when examining stones under a microscope with flattened bubbles. As a result, artificial emeralds are more transparent than natural emeralds.

(Excerpt from GIA)

ブログに戻る